最新話ネタバレ

ちはやふる【第214話】最新話のネタバレと感想!!

2019年4月1日発売日のBE・LOVE2019年5月号、最新話!
ちはやふる【第214話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

ちなみに213話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。

あわせて読みたい
ちはやふる【第213話】最新話のネタバレと感想!!2019年3月1日発売日のBE・LOVE2019年4月号、最新話! ちはやふる【第213話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまと...
あわせて読みたい
「ちはやふる」を全巻無料で読む方法を調査!漫画アプリや読み放題も紹介「ちはやふるを全巻無料で読みたい!」「試し読みの続きが読みたい!」 と思っているあなたのために、漫画「ちはやふる」をすぐに全巻無料...

ちはやふる【第214話】のネタバレ

1月3日。
今日は「新星☆千早 クイーンへの道」(※番組名)放送の日。

そこでは、新から電話がかかってきたときの、千早の様子が映っていた。

「幼なじみなんです へへっ」

そこで、恐らく電話の相手に対する質問が飛び、そう答える千早。
だが、その鼻には鼻水が光っていて、直後に携帯を落として画面を割るという、残念な映像も一緒に流れている。

核となる人

その番組を見ていたのは、太一の母。
そして彼女はおもむろに、太一に話しかけた。

綿谷新… 千早ちゃんにとっても核はあの男の子なのかしら」

そう言った母は、どうやら周防に聞いたことが、気になっていたらしい。

「誰にでも”この人に認めてもらわないと意味がない”という、核にあたる人がいる」ということ。
そして、それが太一にとっては綿谷新だと言うことを―――…

それを聞いた太一は、周防が何を勝手なことを、と思うと同時、
千早にとっての「核」は自分ではないことも察する。

(千早の「核」‥)

そして、そう考える太一と時を同じくして、
奏の家でも、同じく千早の番組を見ていた。

そこでは、大盤係が後輩女子に決まったことを嘆く母と、
テレビに出ている千早が、奏に会いに来ていることを驚く父の姿があって―――…

十二単

そんな奏の父の思う通り。
千早は奏の部屋へ、ある相談にきていた。

そこで、奏が小学校の自由研究で作ったという、小さな十二単を発見し、驚く千早。
小さな人形に着せられたそれは、奏的には十二単の構造を知るために作ったものらしい。

そんな彼女曰く、十二単は、着る時に紐は2本しか使わないのだそう。
2本目を結んだら1本目をほどく、というのを繰り返して重ねていくからだ。

そのため、脱ぐ時も紐を一本ほどけば全部脱げるとのこと。

それを聞きながら、人形の十二単を興味深げに見ていた千早だったが、
奏はそれに「唐衣まで着せる」ことは出来たが、「最後に腰につける裳」は作れなかったと残念そうに声をあげていた。

彼女は、自分の寝間着や浴衣ぐらいは自分で縫えるようにと言われてきたらしい。

それを聞き、何もかもが初耳で感心する千早は、
3年も友達なのに知らないことがたくさんある、と驚きを隠せなかった。
逆に、部屋の方が奏を知っている、とも。

それに笑いながら、何かを探していた奏では、お目当てのものを見つけたらしい。

「ありました 着物にぴったりの ウールのケープ♡」

そう言って千早に見せたのは、可愛いストライプ柄のケープだった。
そう、千早は考えていた通り、奏に着物のコートを相談に来ていたのだ。

ケープを見た千早も「かわいい」と声をあげるが、
首元が空くのでストールが必要そう。

それを受け取って、嬉しそうに頬擦りする千早へ、
奏はさらに、裏起毛の足袋を渡し、「神社の冷えは生半可じゃない」と千早に言い含めた。

さらに今回は参拝もある。
対策はしっかりとした方が良い。

そして奏は、感慨深げに千早が「冬の近江神宮に行く」ことを呟く。
だが受験のため応援に行けない彼女は、自分の全てで「千早を守る」と言った。

これが、奏なりの千早への激励だったのだ。

千早はまるで

そしてそんな帰り道、千早は、見送りに出てきてくれた奏に礼を言った。
読手の音源7人分を、机くんと一緒に集めてくれたことだ。

それに対して、奏は「夏から少しずつ集めていた」と微笑み、少し気恥ずかしそう。

それを、千早は「ずっと聴いてる」というので、奏は不思議に思った。
イヤホンをしないはずの千早が、ずっと聴くのは難しいのではと思ったからだ。

しかし、千早はスマホのスピーカーを上にし、カバンに挟んで、最小の音量で流すと、
まわりに気が付かれず自分にだけ聞こえると言う。

実際にやってもらうと、確かに奏には聞こえない。

しかし千早には、本当に聞こえているようで、
今度の読手3人の声と、ときどき九頭竜さんの声を混ぜることで気分転換しながら、ぐるぐるずっと聴いていることを教えてくれた。

それを見ながら、ふと奏は思う。

睡眠時間5時間、受験勉強9時間、かるたを6時間。
そんな今日も千早は、かかとをつけて歩かない

奏には―――いや、ほかの人には聴こえない音や、ほかの人には見えない札を、千早は追って追って、高速で回転しているのだ、と。

そしてその姿はまるで、独楽のようだと奏は思った。

 

―――そんなとき、きっと正月の番組をみたのだろう、ミーハーな人たちが千早を見つけ、野次馬にきたので、奏はそこに立ちふさがり、千早を先に行かせる。

すると千早は奏に礼を言い、かなりの速さで去っていった。

すぐに見えなくなる千早に、少しだけ切なくなる奏。
しかし、そんな彼女は家に戻った時、母はお雑煮を作りながら、こう言った。

「それで 危ないの?
 親友の大一番を応援に行けないくらい 奏の受験は危ないの?

それを聞いた奏は、涙を浮かべ、声を震わせながら「危なくない」と答える。
それを見た母は、優しく微笑みながら、「行ってきなさい」と後押ししてくれた。

もらったお年玉は、好きに使っていいのだから、と言って――――…

知名度

一方でそのころ、大阪の某百貨店。
そこでは、(株)丸丸堂の公式で、期間限定のキャラクターショップがオープンしていた。

だが、バーゲンで百貨店内は賑わっているにも関わらず、
ここの売り上げはあまりよくない。

どうやら正月と言えど、
値引き等はしない方針の丸丸堂のやり方が、少し響いている模様。

そこには丸井も来ていたが、何か考えるような顔をしていた。

ちなみにそんな丸丸堂は、
インターネット発のキャラクター会社で、400以上のキャラクターを持っている。
全世界の有力チャットアプリでスタンプ展開しており、売り上げは20億円。

一番の稼ぎ頭は、̪詩暢も好きなスノー丸とスノー姫だ。
だが、ネット外での知名度はいまひとつ。

どうやったらもっと一般の人に知ってもらえるのか、そう頭を悩ます丸井は、ふと百貨店内で映る正月の千早の番組を目にした。

その番組を目にした、この店舗の店員は、
かるたの話に「この前来た子かも」と反応しつつも、「こんな美人さんやなかった」と、笑いながら、詩暢を馬鹿にするように言った。

その言葉に、(あの子が美人やないみたいな)と内心少し憤る丸井。
そんなとき、店員が「美人はすぐ全国放送乗れてええな」と言ったので、彼女はふと、自分が詩暢にかけた言葉を思い出してしまった。

”知名度は?”

そうはいったが、本当は自分が一番よく分かっている。
知名度をあげるのが、どんなに大変なことなのかを―――――…

そこで、ふと、千早の番組の音声が耳に届いてきた。
彼女はインタビュアーに、詩暢の強さや、彼女のかるたのことを聞かれ、口ごもっている。

そして、少し沈黙した後、千早は言ったのだ。

「よかったら試合を クイーン戦を見てください どんなに言ってもわかってもらえない」

そう言った千早は、
自分が詩暢の最高の強さを引き出して、そのうえで勝つと高らかに宣言する。
それを聞いた丸井は、じっと何か考えながら画面を見つめ――――――……

詩暢の心と母の心

一方でそのころ、同じ番組を鬼の形相で見ていたのは、詩暢の母だった。
彼女は、詩暢相手に何度も「勝つ」という千早が気に食わないよう。

それを、詩暢もそう思うだろう、と同意を求めようとしたそのとき、
スノー姫の格好をした詩暢のスマホが、突然母に向けられた。

彼女は、新たな動画を撮影していて、リクエストに応える形で母を撮りにきたらしい。

それに慌てる母だったので、詩暢はモザイク処理をすることを決めた。
そしてそのまま、千早のことに触れる詩暢は、冷たい目をしながらこう言う。

「言葉は大事にせんと 言った瞬間わかるのは それがないことや」

それから詩暢は、「勝つ勝つ言うのは負ける人」とも続けたが、
そんなとき、彼女のもとへ祖母が、今年の着物を見せに来た。

そして見せられたのは――――よりにもよって総絞りの着物
相良刺繍に金駒刺繍、正絹綸子生地の大振袖で、豪華絢爛ではあるが、かなり重さのありそうなものだった。

それを見た母は、内心で(何もわかっとらん)と言葉を失う。
そう、競技かるたの着物は動きやすさのために、ひざ下を短く切る人も多いほど、とにかく動きやすさが大事なのだ。

そしてしまいには震え出した母だったが、詩暢の反応は意外なものだった。

「へぇ ええなあ これ着たら 日高屋さん喜んでくださるやろなぁ

そう微笑みながら言う詩暢に、表情一つ変えずに同意する祖母。
だが母は、先ほどの言葉を聞いたこともあり、わかっていた。

―――詩暢の真意が、イケズでねじ曲がることを。

(「言葉は大事にせんと 言った瞬間わかるのは それがないことや」)

そう思っているから、詩暢は言わないのだ。
「こんな着物着たくない」と、言ったらわかってしまうから――――――…

 

(「おばあちゃんはうちのこと全然見てくれてへん」)

そして、そう言った詩暢の言葉を思い返した母は、ある決断をする。
そのまま、詩暢に着物を当てていた祖母へ、母は「話がある」と言って切り出した。

「うちと詩暢で 春になったら―――――――……」

緊張

そして翌日、1月4日。
14時10分発の、のぞみ39号に乗って、千早は出発する。
ちなみに、菫や田丸もこの列車に乗ることになっていたのだが、そんなふたりは、千早が珍しくマスクをつけているのに、かなり驚愕した。

だが、ただの予防だったので、ほっと胸をなで下ろす。
そして電車に乗り込んだとき、千早は言った。

「京都まで勉強する」

そのまま、彼女は話しかける母の言葉も耳に入らないような状態で、受験勉強をする。
そして京都についたとき、山陽本線に乗り換え、大津駅で下車した。

そこで、彼女は―――――…

 

時を同じくして、琵琶湖ホテル。
そこには歴代のクイーンたちなど、錚々たる面々が集まってきていた。

そこで、ふとみんなが、過去を振り返って話しだす。
そのなかで、その当時のクイーンだった今田に対し、挑戦者だったのだろうその女性は、こう振り返った。

それは、今田に挑戦した日のこと。
初めて降りる駅で、右も左もわからず、それなのに、今田と目が合って――――彼女は一気に緊張したのだそうだ。

そのときのことを、彼女はいまでも、こう思うと言う。

「浦安の間にはいるまで クイーンの目を見ちゃいけなかった」

そんな言葉を知らない千早は大津駅に降り立ち、そして…
同じく大津駅にいた詩暢と、雪の舞う中目を合わせていた。

詩暢は動画をとっているらしく、余裕の表情で先を歩いていく。

一方の千早は、噛み切れて血がにじむくらい、無意識に唇を噛み、心臓を嫌な音で高鳴らせていた。

そうして名人・クイーン位決定戦の、前夜祭会場である、
琵琶湖ホテルに到着する千早たち。
だがあまり時間はなく、母はチェックインして荷物を置いてきてくれることに。
また、菫たちも一緒に部屋に向かってしまったので、千早は会場ロビーに一人取り残されることになってしまった。

あわてていた彼女だったが、
ふと、かるた協会の理事など、色々な人に話しかけられる千早。

そしてみんなに、「期待している」だの「すごい」だの「主役」だの「堂々と」だの、そんな声をかけられるたびに、彼女は身体を強張らせていく。

「始まるわよ 楽しんで」

そのまま、そう声をかけられた千早は、会場に足を踏み入れた。
だが、客の視線がみなこちらを向き、プレッシャーを感じ始める千早。

それはまるで、――――十二単を着せられたかのような重さだった。

しかし、そんな彼女に、奏の言葉が思い出される。

(大丈夫 千早ちゃん 緊張なんて十二単です いくら重ねたっていいんです)

そして同時に、千早の肩を叩く手が。

「主役とか 緊張するなー 千早!」

そう言って声をかけてきたのは、少し緊張気味の、顔を赤らめた新。
そんな彼の顔を見た千早の緊張は、するりととけていった。

紐一本でほどける、十二単とおなじように。

あわせて読みたい
ちはやふる【第215話】最新話のネタバレと感想!!2019年5月1日発売日のBE・LOVE2019年6月号、最新話! ちはやふる【第215話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまと...

 

ちはやふるの最新話を含めBE・LOVEをすぐに無料で読む

以上、ちはやふる【第214話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

U-NEXTを使えばBE・LOVE2019年5月号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。

今回のちはやふるの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

U-NEXTでBE・LOVEを無料で読む

31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ちはやふる【第214話】の感想と考察

今回はかなちゃんが泣かせる回でしたね…!
応援にも来てくれるようなので、千早にとってはかなりの追い風になりそうです!

さて次回、本番前のあれこれでしょうかね。
前夜祭や参拝で一波乱ありそうな気がしますが、色んな人に勇気づけられて、
千早は立ち上がってくるでしょう。
同時に、詩暢にもいろんな変化が訪れそうな気がします。

新や周防さんにも、あれこれありそうなので、試合前に色々楽しみですね。
次回も見逃せません!

次回のちはやふる【第215話】掲載のBE・LOVE2019年6月号の発売日は5月1日になります!

まとめ

以上、ちはやふる【第214話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2020年最新】電子書籍ストアおすすめ17社を徹底比較!あなたにピッタリなサイトはここ!2020年に入ってからも電子書籍業界の売り上げは右肩上がりで、電子書籍で漫画や書籍を読むことが当たり前のようになってきました。 今...
漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

まんが王国

まんが王国は、電子書籍サイトで業界最大級を誇ります。

その理由としては、無料漫画数が3000作品以上あるので気軽に読みたい漫画が見つかるところです。

そして会員登録は無料で、月額コースと従量課金コースが選べるので会員登録しといてデメリットはありません。

無料登録で漫画が無料で読めるので、初めて電子書籍サイトを利用する方にもおすすめです。

おすすめ度
月額 月額制or従量課金制
無料期間 会員登録自体無料なのでなし
その他特典 登録時に半額クーポン,無料漫画が豊富

▼登録自体無料!無料で漫画を読む!▼
まんが王国公式サイト

U-NEXT

U-NEXTは、電子書籍サービス+動画配信サービスのハイブリットサイトになります。

月額1980円のコースになりますが、1200Ptが付与され、アニメなど3000件近く見放題なのでお得なサービスです。

さらに、漫画全巻40%Ptバックされるので漫画を沢山読みたい方にはおすすめです。

無料期間中に解約してもお金はかからないので初めやすいですね。

おすすめ度
月額 月額1980円
無料期間/無料ポイント 31日間/1200Pt
その他特典 全巻40%ptバック/無料漫画あり/アニメなど動画見放題
▼31日間無料で今すぐ利用してみる▼
U-NEXT公式サイト
Book Live

電子書籍数業界がebookjapanを超えるBookLive。

30万冊以上多いので全ジャンル問わず取り揃えています。先行配信もあり、初回登録で50%オフクーポンがもらえます。

無料漫画も毎日15,000冊以上読めるので読みたい漫画がきっと見つかるはず。

会員登録が無料で、購入した分だけの支払いになるので無料漫画を読むだけなら料金がかからないのが強みです。

おすすめ度
月額 従量課金制
無料期間 従量課金制なのでなし
その他特典 半額クーポン付与/無料漫画15,000冊以上/書籍数900,000冊以上

▼Book Liveで漫画を無料で読む▼BooK Live公式ページ

8月度マンガ売れ筋ランキング!

ランキング1位「鬼滅の刃」

2019年4月から2クールでアニメ化され、爆発的な人気を誇るマンガ「鬼滅の刃」

どのくらい爆発的に人気が出たかというと、アニメが放送されるまでにあった本屋の在庫が一瞬でなくなるほど。

世界観やストーリーの完成度からキャラクターの熱さ。そしてアニメの出来までも凄い良い作品です。

2020年秋には映画も公開予定なのでチェック!


\「鬼滅の刃」を無料で読みたい方はこちら/
鬼滅の刃を無料で読む方法

ランキング2位「鬼獄の夜」

「鬼獄の夜」は作者:加藤キャシーさんのエロティックホラー漫画になります。

大学生グループが旅行中に山で迷い、あやかしがでる村に迷い込む…そのあやかしは人を喰い、女を死ぬまで犯す鬼だった…

巷で人気だった漫画ですが、広告で一気に人気が爆発し、今やランキング上位の常連に!

\「鬼獄の夜」を無料で読みたい方はこちら/
鬼獄の夜を無料で読む方法

ランキング3位「キングダム」

歴史漫画の金字塔「キングダム」

三国志の2つ前の時代「秦王朝」を築き上げる若者が戦国時代で生き抜く様を描いた漫画。

その後に、横山光輝先生の漢王朝「項羽と劉邦」「三国志」と続きます。

熱量が半端なく読んでるこちら側も熱くなれる漫画です。映画化もアニメ化もしてるので多方面で楽しめます。

 

\「キングダム」を無料で読みたい方はこちら/
キングダムを無料で読む方法

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※電子書籍数TOPクラス

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ