最新話ネタバレ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす〜【第38話】最新話ネタバレ・感想!

2020年6月30日配信のギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第38話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

その前に前回ギルティの37話を見てない方はこちらから

あわせて読みたい
ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす〜【第37話】最新話ネタバレ・感想!2020年5月30日配信のギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第37話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。 その前...

これからネタバレを含む内容を紹介します。

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第38話】を絵付きで読みたいという方は、まんが王国で先行配信してますのでチェックしてみてください。

まんが王国公式ページ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第38話】のネタバレ

瑠衣の言葉にとらわれ続けた美和子は、秋山との離婚を決意し始める。
そのため、当面人手の足りなくなった秋山の店には、若菜がバイトで入ることに。

一方で爽は、秋山には近づかず今の平穏のなかで暮らそうとする。
しかし若菜から秋山が離婚しそうであることを聞き、さらには「蛍太」の名前に「蛍」が入っていることを知った爽は、若菜から背中を押され、秋山のもとに行くことを決心

すると秋山は、爽をバイクに乗せて、父や爽としか来たことがないと言う、蛍が出るあの場所に連れて行き、母のことや瑠衣のこと、そして「ずっと抑えていた爽への気持ち」を爽に告げ、爽に口づけたのだった。

そして、その一方。
爽の母は、高校時代に爽が使っていた携帯を持ちだし、爽の本心を知る。

するとそれと同じ頃。
瑠衣のことを調べていた守屋は、偶然にも編集長が、瑠衣の母の存在を知っていることにたどり着き――――…

瑠衣の母への感情

”愛と憎しみは表裏一体”ではなく”同じ場所”にある。
そう瑠衣に教えたのは、泉川先生だった。

そしてそれを実感するのは、瑠衣が幼いころを思い出すとき。
というのも、瑠衣の母は本当にたまにではあるが、急に優しくなる時があったのだ。

例えば朝に、優しく頭をなでながら瑠衣を起こしてくれて、瑠衣が好きなホットサンドを作ってくれたり。

そんな母は、自分をなぐるときと同じで、いつものいい匂いがしていて、
いつものその瑠衣をなぐる手で、自分のことを優しくなでてくれていた。

ちなみにそうなるときは、いつも首にいくつかの跡があり、
機嫌のいい理由が、男と一緒にいて満足したからであることを理解する瑠衣。
ただその時、瑠衣はこの母の態度を「愛」だと感じてしまうので、瑠衣は自分でも「始末に負えない」と思うのだった。

―――ただ、そんなことを思い出す瑠衣は、未だに目を覚まさない。
病室で静かに横たわり、静かに時を過ごしていた。

瑠衣から手を引く爽

一方で、仕事をしていた爽は、守屋に声をかけられる。
ただその声のかけ方が、いつもの嫌味を含まずに「荻野」と普通に呼ばれたので、爽は鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしてしまった。

しかし、守屋はなんとなくそう呼んだだけのようで、
あまりその件にふれることなく、本題に入ってくる。

というのも、守屋は瑠衣の母・明奈のことで情報をつかんだので、爽に報告しにやってきたのだ。

だが爽は、守屋から目をそらし、今は話を聞くのをやめておくと言い出す。
理由としては「ずっと瑠衣が目を覚まさないなら、これ以上なにかするわけではない」から、もう関わらないということだった。

しかし、それを聞いた守屋は、
本当は爽が秋山と何かあり、そう思ったのだとすぐに見抜く。
すると、思わず爽は顔に出てしまい、ごまかしきれなくなったので、改めて「もう済んだこと」だし、秋山の本心が聞けたから、もういいのだと顔を赤らめながら言ったのだった。

爽の秋山への想い

ただ、それを聞いた守屋はふいに呟く。
「もうフリーなんだから、好きにしたらいい」と。

もっと言えば秋山も離婚危機なのだし、それに加えて瑠衣も起きない。
となれば爽が秋山とどうなってもいいのでは、と守屋は思ったのだ。

だってずっと「相手を手離せない」でいるのだから、「一緒にいる未来」を想像してもいいのではないか、と。

しかし爽は、少しだけ秋山とのことを考えつつ、暗い目で言い返す。
自分は、「夫の心が離れた奥さんの気持ち」も、「父親が急にいなくなった子供の気持ち」も、両方わかってしまうから、秋山とは一緒になれないのだと。

そして秋山もきっと、
爽といれば苦しみ続けることになり、それに耐えられないのだそうだ。

ただこれが「正解」なのか「ええかっこしい」なのか、爽にはわからない。
そのため、小さく疑問を呟くが、守屋は答えを出さなかった。

その代わり、「秋山を大切に想う爽の気持ち」は理解したようで、自分に任せろとその場を去っていく守屋。
そんな守屋に、爽は思わず涙が浮かんでしまったのだった。

守屋の得た明奈の情報

そしてその日の夜。
守屋はとあるバーに一真を呼び出し、爽にも話すはずだった瑠衣の母親のことを報告することに。

というのも実は、守屋はあの後、瑠衣の母・明奈が勤めていた場所を見つけていたのだ。
情報源はもちろん編集長で、実は編集長が以前よく接待で使っていた高級クラブ「しおん」に、瑠衣の母・明奈がいたとのこと。

そこで、守屋はそのクラブに足を運び、情報を聞いてみることにした。
するとそこにいたママは、瑠衣の写真を見て、「明奈と瓜二つ」だと驚きを隠せない様子を見せつつ、いろいろと話してくれる。

明奈が、男がいないと生きていけないタイプで、気分次第で出勤しなかったりするような、気まぐれて手のかかる猫のような存在だったこと。
ただ綺麗で、人気があり、辞めさせることもできなかったこと。

そして、長く勤めていたと思えば急にいなくなり、
また数年たってフラッと戻ってきたことを。

そこで、守屋はその「数年前」が具体的に何年程前なのか探ろうとする。
しかしママはその質問には答えずなぜ守屋がこんなことを探るのかを、逆に問いかけてきた。

そこで、この親子が色んな人間を傷つけたから、
自分がそのために色々と調べていることを、正直に言う守屋。

するとママは、少し目線を動かした後に、
明奈がすでに亡くなっていることを明かしたのだった。

一真の本心と、守屋の本心

それに、少し目を見開いた守屋。
しかしママは淡々と、明奈が「娘との件で入院」していたが、その後病院を抜け出し、その後亡くなったのだが、「原因はプライベートなことだから言えない」ことを話してきた。

そのため、これ以上はママから聞き出せなかった守屋は、とりあえず情報を整理する。

すると時系列として、
明奈が初めてあの店に来たのは、瑠衣が1歳の時であり、その後一度辞めた1997年にまた店に戻り、そして12歳の瑠衣を引き取り、また店をやめたことが分かってきた。

そしてその後、事故があったのが2年後の2000年。

ただここまで整理していると、全て聞いていた一真が、ふいに疑問を持ち始めた。
それは、なぜ守屋がここまでしてくれるのか、ということだ。

すると守屋は、逆に問いかけてくる。
「自分の嫁」を苦しめた「化け物」が、どう生まれ育ったのか、気にならないのかと。

しかし、なぜか目線を下げて、黙り込んでしまった一真。
それを見た守屋は、おもむろに一真に「今”どっち”を思い出したのか」を聞いていた。

するとその質問が、爽の”あの日”の問いかけに重なる一真。

だからこそ、一真は少し間を開けてから、
爽のことを思い出していたに決まっていると答えたのだった。

そしてそれから、話題をそらすように、
改めて「守屋がここまでする理由」を問いかける一真。
すると守屋は、爽に対する愚痴のようなものを零し始め、「惚れていなければこんな面倒なことはしない」とも言い始めた。

その言葉に、思わず目を見開いた一真だったが、守屋は「冗談」だと茶化す。
そのため、一真は守屋に「からかわれた」と思うが、真相はわからないまま。

爽と母との和解

一方で、実家にて母と食事をとっていた爽は、おもむろに母に謝られていた。
ただ一体何のことなのか、爽にはわからない。

すると母は、仕事が大変なのに自分のことを面倒見てくれている、と引け目を感じているようなことを言いだし、さらには「爽が結婚していない」ことも、自分のせいなのではと心配そうに零し始めた。

そこで、爽は自分があの「病院に来てくれていた”荻野さん”」と、自分が10年間結婚していたことを母に明かす。
ただ同時に、もう別れたことも明かすと、母は驚いた顔を浮かべていた。

しかしそんな母に、爽は穏やかに笑いながら言う。
全てのことは、自分で決めたことだから、後悔はしていないのだと。

すると母は涙を浮かべながら、やはりまだ謝ってきた。
自分が自分を見失っている間に、爽にはつらいことや悲しいことが、たくさんあったのだろう
と。

しかし、そんな母を爽はもう責めようとしない。
爽はもう、前に進むと決めたからだ。

瑠衣の本質を見抜く守屋

そしてそれと同じ頃、まだ一緒に飲んでいた守屋と一真だったが、
そこでふと、守屋は自分が思い至った「恐ろしい想像」を語り始める。

というのも、守屋は「中学生の瑠衣」が、
「咄嗟に」母である明奈の「顔」を切りつけた「理由」が気になったのだ。

なぜなら、先に外に瑠衣を引きずり出したのは母・明奈であり、「身を守ろう」として咄嗟」にしたのは「階段から落とした方」だと考えるのが自然だから。

だからこそ守屋は思ったのだ。
あえて「顔」を切りつけたのは、その「美しい化け物」の皮を傷つけ、自分がそれ以上の皮をかぶろうと、瑠衣が本能的に思ったのだとしたら、と。

つまり瑠衣は、「母親を越える」ため、「母親以上の化け物」になろうと、この一連の事件を巻き起こしているのではと、守屋は考えたのだ。

しかし答えなど出るはずもなく、ふたりは解散することになる。
するとその帰り道、守屋はふいに、あの聞き込みをしたママの「嘘」が下手だったことを口にし始めた。

そう守屋は、ママがおそらく「金を握らされて明奈のことを黙っている」のを、「週刊誌の記者」として見抜いていたのだ。
だからこそ、まだ「明奈」は生きていて、瑠衣は明奈を探しているだろうとも思う守屋。

守屋と一真の重なる想い

ただ、それを聞いて一真は困惑した。
それを自分が知っても、何もできることはないと思ったからだ。

しかし守屋は平然と、「できること」がなくても「したいこと」は、「自分と同じように」あるのではないかと、一真に問いかけてくる。

―――相手の心がどこにあっても、無関心にはなれずに、何かせずにいられない。

そう思いながら、爽のことを思い出す守屋のように、一真も思いあたることがあるのではないのかと。

そしてさらには、守屋の「爽に関するゆさぶり」に、たいして興味を持っていなかった一真を指摘し、「ごめん」と「愛してる」は一緒にしてはならないとも忠告する守屋。

さらにはもう一度、「心」と「関心」の在り処を聞かれると、一真は思わず目を見開いたのだった。

それから一人になり、一真はどうも瑠衣のことが思い出され始める。
そして瑠衣がいつだったか教えてくれた、「好き」の反対が「無関心」である話を思い出すと、そこから続いた瑠衣の言葉が、重く一真にのしかかってきた。

瑠衣はあの時、「終わり」にできるのは「相手を嫌い」になったときじゃなく、「無関心」になった時だと言った。

しかし一真は、翌日瑠衣の入院する病院にて、穏やかに眠る瑠衣悪態をつきながら、瑠衣との重ねてきた時間を思い出して涙しながら、小さく呟くのだった。

―――おまえなんか、大嫌いだと。

瑠衣の奥底

ただそのまま、一真は瑠衣の病室を後にする。
しかしその、直後のことだった。

意識を失っていたはずの瑠衣は、急に誰かに呼ばれる声を聴く。
どうやらその声の主は母で、まだ眠い瑠衣を優しく起こし、そして何かを「好きでしょ」と確認してくるのだ。

それから、優しく手を伸ばしてきたように思えた母だが、
直後急に空気が変わり、その手は瑠衣の頭を鷲掴んで、無理やり引き起こす。

そして瑠衣が半ば強引に顔を上げると、
母・明奈は顔に切りつけられた跡をつけながら、瑠衣に言うのだった。

――――わたしのこと、好きでしょ? と。

さらには明奈は、「私」になりたいのだろう、と問い詰めてきて、だったら起きろと瑠衣に言ってくる。
それに、思わず目を覚ました瑠衣は、心拍を早くし涙を流しながら、ベッドの上で必死にもがき始めた。

するとその直後、泉川から秋山に連絡が入る。
そして何かを聞いた秋山は、目を見開いたまま動けなくなり――――…

あわせて読みたい
ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす〜【第39話】最新話ネタバレ・感想!2020年7月30日配信のギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第39話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。 その前...

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす〜最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
→ ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす〜の最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~をすぐに無料で読む

以上、ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第38話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。

U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で読めます!

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」無料で読みたい方は、「U-NEXT」をチェックしてみてください。

U-NEXT公式ページ

最新話を読みたい方は、「まんが王国」で先行配信をしています。

まんが王国公式ページ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第38話】の感想と考察

瑠衣がまた目覚めましたが、
ここからの展開は、どうも予想がつかなくて、ちょっと怖いです…。

流れ的には、瑠衣を止めるのは、一真になるんでしょうか?
多分泉川は瑠衣の背中を押して、本当に悪魔側に落としてしまいそうですし、秋山では救えなさそうな気がします。

さらには、守屋もいい感じで絡んできて、いろいろ難しい展開になりそうな予感…。
どうなっていくのか、次回も見逃せませんね!

次回のギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第39話】配信日は7月30日の予定です!

まとめ

以上、ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~【第38話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2020年最新】電子書籍ストアおすすめ17社を徹底比較!あなたにピッタリなサイトはここ!2020年に入ってからも電子書籍業界の売り上げは右肩上がりで、電子書籍で漫画や書籍を読むことが当たり前のようになってきました。 今...
漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

まんが王国

まんが王国は、電子書籍サイトで業界最大級を誇ります。

その理由としては、無料漫画数が3000作品以上あるので気軽に読みたい漫画が見つかるところです。

そして会員登録は無料で、月額コースと従量課金コースが選べるので会員登録しといてデメリットはありません。

無料登録で漫画が無料で読めるので、初めて電子書籍サイトを利用する方にもおすすめです。

おすすめ度
月額 月額制or従量課金制
無料期間 会員登録自体無料なのでなし
その他特典 登録時に半額クーポン,無料漫画が豊富

▼登録自体無料!無料で漫画を読む!▼
まんが王国公式サイト

U-NEXT

U-NEXTは、電子書籍サービス+動画配信サービスのハイブリットサイトになります。

月額1980円のコースになりますが、1200Ptが付与され、アニメなど3000件近く見放題なのでお得なサービスです。

さらに、漫画全巻40%Ptバックされるので漫画を沢山読みたい方にはおすすめです。

無料期間中に解約してもお金はかからないので初めやすいですね。

おすすめ度
月額 月額1980円
無料期間/無料ポイント 31日間/1200Pt
その他特典 全巻40%ptバック/無料漫画あり/アニメなど動画見放題
▼31日間無料で今すぐ利用してみる▼
U-NEXT公式サイト
Book Live

電子書籍数業界がebookjapanを超えるBookLive。

30万冊以上多いので全ジャンル問わず取り揃えています。先行配信もあり、初回登録で50%オフクーポンがもらえます。

無料漫画も毎日15,000冊以上読めるので読みたい漫画がきっと見つかるはず。

会員登録が無料で、購入した分だけの支払いになるので無料漫画を読むだけなら料金がかからないのが強みです。

おすすめ度
月額 従量課金制
無料期間 従量課金制なのでなし
その他特典 半額クーポン付与/無料漫画15,000冊以上/書籍数900,000冊以上

▼Book Liveで漫画を無料で読む▼BooK Live公式ページ

7月度マンガ売れ筋ランキング!

ランキング1位「鬼滅の刃」

2019年4月から2クールでアニメ化され、爆発的な人気を誇るマンガ「鬼滅の刃」

どのくらい爆発的に人気が出たかというと、アニメが放送されるまでにあった本屋の在庫が一瞬でなくなるほど。

世界観やストーリーの完成度からキャラクターの熱さ。そしてアニメの出来までも凄い良い作品です。

2020年秋には映画も公開予定なのでチェック!


\「鬼滅の刃」を無料で読みたい方はこちら/
鬼滅の刃を無料で読む方法

ランキング2位「カラミざかり」

カラミざかりは桂あいり作の急激に人気が出た作品です。広告で話題になったNTR漫画です。

背景は、高校生の男女4人が思春期に入り性に目覚めて一線を超えるとこから始まります。

好きな男の子の前でその友達と目の前で使用女の子。好きな女の子が友達としてる様を見て複雑だが、違う女の子としちゃう男の子。結構ストーリーもしっかりしていて続きがきになる大人向け漫画です。

\「カラミざかり」を無料で読みたい方はこちら/
カラミざかりを無料で読む方法

ランキング3位「社内探偵」

まんが王国で先行配信中の話題作品「社内探偵」ストーリーは、会社内で耳にする問題を「なんでも相談係の久我さん」が痛快に解決してきます!

よく休むあの子がなんで給料が高いの?
なんであいつのシワ寄せが俺に…
俺ってこんなとこでくすぶる人間じゃないのに…

会社で働いててよくぶつかる悩みや疑問がありふれた漫画になっており、共感できること間違いなしのおすすめ漫画です!

\「社内探偵」を無料で読みたい方はこちら/
社内探偵を無料で読む方法

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※電子書籍数TOPクラス

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ