最新話ネタバレ

ワンピース【第986話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!

2020年8月3日発売予定の週刊少年ジャンプ2020年35号掲載のワンピース【第986話】最新話のネタバレ考察予想を紹介します!

前回は、待ち構えていたカン十郎と戦う菊之丞やイゾウたち。
ルフィに鬼ヶ島から出られないことを話したヤマト。
カイドウのスピーチが始まり、ビッグ・マムとてを組んで「ワンピース」を手に入れると宣言します。
オロチの首をとると、部下たちに選択を迫ります。
屋根裏から落ちたルフィとヤマトは逃げ出します。
新しい国の名前は「新鬼ヶ島」だといって、「将軍」にヤマトにさせると宣言します。
はりつけにされたモモの助を助けるたねに案内するように言うルフィでした。

そんな前回ワンピース【第986話】のネタバレ・考察はこちらでまとめていますので、興味がある方は合わせてご確認ください。

>>前回「ワンピース」985話のネタバレはこちら

あわせて読みたい
ワンピース【第985話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!2020年7月20日発売予定の週刊少年ジャンプ2020年33・34合併号掲載のワンピース【第985話】最新話のネタバレ考察予想を紹介しま...

これからワンピース【第986話】最新話のネタバレと考察を紹介します!

ワンピース【第986話】最新話のネタバレを紹介!

※ワンピース最新話【第986話】のネタバレ情報を追記しました!

再会する錦えもんたちとイゾウ

鬼ヶ島の裏口では、錦えもんたちと傳ジローたちが合流していました。

雪の降る中、二人が並んで裏口に向かって歩いていると、菊之丞ネコマムシたちが両側に並んで待ち構えていました。

その時、かつて光月おでんと一緒に笑いながら過ごしていた日を思い出します。

菊之丞たちがたおしたカン十郎を見下ろしていた錦えもんの耳に笑い声が残ります。

菊之丞雷ぞうたちは堪えきれないように涙します。

命が尽きたカン十郎の顔を自分ので隠した錦えもんは、皆を労います。

錦えもんと傳ジローはそこにイゾウがいたことに驚きます。

錦えもんは嬉しそうにイゾウと手を組みます。

命を落としそうになるのはもうごめんだと笑うイゾウ。

そうして、たおれた男たちを乗り越えて裏口から中に入って行くのでした。

オロチの部下たちが選んだ道

カイドウオロチの部下たちに、オロチと一緒に命を落とすか、自分たちと一緒にくるか
侍たちの「忠義」の厚さは知っていると言ってオロチの部下たちに選択を迫ります。

すると、元は「お庭番衆」の隊長だった福ロクジュは、ワノ国の忍者軍であるお庭番衆の5千人カイドウに仕えると、まっ先に名乗り出ます。

元は「見廻り組」の総長だったホテイワノ国の侍衆である5千人は今からカイドウに仕えると名乗り出ます。

他の部下たちはホッとしていました。

そのやり取りを見ていたヒョウ五郎は、怒りに思わず反論しようとしてしまい、慌ててそれをいさめる侍たちでした。

ビッグ・マムホーミーズたちナミたちを捕まえておくように指示します。

ナミはしのぶが捕まらないでモモの助をどうにかできることを祈ります。

天井近くを進んでいたしのぶは、心の中でナミに謝りながらを急ぎます。

見つからないように進みながら、しのぶは光月おでんはオロチを討ち取っても何も変化しないことを分かっていたと思います。

20年前から討ち取るべき相手はカイドウだったことがわかっていたのだと思うしのぶ。

カイドウの問い掛け

カイドウはオロチの部下たち海賊への道を選んだのを見て、「ワノ国」に将軍も侍もいなくなったとはりつけにされているモモの助に話しかけます。
「花の都」の愚かな民たちは、「今日の夜で終わり」だと言うことにも気付かずに大騒ぎをしていると。

カイドウはずっと疑問に思っていたことを口にします。

モモの助のような根性もないのが「光月おでん」の息子なのはおかしいと。

今回の処刑は、古い「ワノ国」を終了させるためのものだと。

「20年前」のことを思いだすと、燃える城自分の問い掛けには答えなかったと。

かつて城の屋根の上でそこから落とすようにモモの助をつかんだ手を伸ばして、「名前」を聞いた時、落とされることにモモの助が怯えていたことを思い出すカイドウ。

モモの助が「光月おでん」と「トキ」の子供じゃなかったら、処刑は中止にするといいます。

そして、カイドウははりつけにされているモモの助に、また、「名前」を問い掛けるのでした。

回りがもりあがる中、「自分の名前」について考えます。

ルフィ、ヤマトの手首の錠を解く

一緒に逃げていたルフィヤマト

ヤマトははりつけにされている「あの子」が「光月モモの助」であることに驚きます。

ルフィから家来の皆も生きていることを聞くとさらに驚きます。

ルフィは「約束」だといってヤマトの手首の錠をつかむと、ヤマトは「一応」爆発するかもしれないからと離れた場所に投げるようにいいます。

息を整えたルフィは錠をつかむと、一気に外して離れた場所に投げ飛ばします。

ヤマトは錠が簡単に外れたことに驚きます。

堂々と名乗りを上げるモモの助

その頃、知らせを受けたフーズ・フーうるティライブフロアに向かいます。

ウソップチョッパーモモの助の危機を聞いてマシンに乗って向かいます。

ネコマムシたち、ローたち、キッドたちや、ゾロも戦っていました。

モモの助は母親の言葉ルフィの言葉を思い出します。

父親「自分の名前の由来」を聞いたときのことを思い出します。

モモの助の「モモ」は「天下無敵」を表している言葉だと。

その目に強い光が宿り、自分は「光月モモの助」だとはっきりと名乗ると、自分はワノ国の「将軍」になる男だと堂々と告げるモモの助でした。

思わず泣き出したモモの助を笑います。

泣きながらモモの助はこのまま両親がいるところに行っても、堂々と顔を会わせることができる男になりたかったと思います。

日和ともう一度会いたかったと。
人前で泣くのは恥ずかしいと思いながらも、涙を止めることが出来なかったモモの助。

カイドウの前へ!

その時、爆発が起きます。

吹き飛ばされていたルフィとヤマト。

ヤマトは父親に本物の爆弾をつけられていたことに、泣きながら許さないと、もう親でも子ではない戦う決意をします。

「決戦」を開始するのは自分たちじゃないと、ヤマトを止めたルフィ。

カイドウたちは背後から、「赤鞘の侍」たち突然現れたことに驚きます。

イゾウたちや、「狂死郎」の名前を捨てた傳ジロー錦えもんが斬り込んできます。

「その姿」「光月おでん」の姿を見たカイドウは驚いてしまいます。

そうして、「討ち入り」だと叫ぶ中、侍たちがぶつかるようにカイドウに斬りかかって来たのでした。

あわせて読みたい
ワンピース【第987話】最新話のネタバレを紹介!考察と予想!2020年8月11日発売予定の週刊少年ジャンプ2020年36・37合併特大号掲載のワンピース【第987話】最新話のネタバレ考察予想を紹介...

ワンピース【第986話】最新話のネタバレ考察予想

ワンピース【第986話】最新話のネタバレ考察

【第986話】の考察の前に、まずは前回【第985話】”新鬼ヶ島計画”の振り返りを行いたいと思います。

待ち構えていたカン十郎

鬼ヶ島の階段をのぼって鳥居をくぐった先の裏口を目指すと、「討ち入り」を止めようとカン十郎が兵たちと一緒に待ち受けていました。

馬に乗っている鎧の侍の「首がない」のを見て、上手な絵だと言うイゾウ。

皆に似ていると言って、イゾウに「負ける戦い」のために戻ったのかと言うカン十郎。

雷ぞうは自分たちは首をとられていないと言って、モモの助を解放するように言います。

モモの助なりに抵抗したと、皆の足を引っ張らないようにといつのまにか手に入れていた短刀で縄を切って逃げようとしたモモの助。

逃げられるわけもないのに、自分の手に傷をつけてきたのに腹が立ったからとカン十郎は、モモの助が意識を失うまで痛め付けたと言います。

その話を聞いて泣きそうになる菊之丞。

それでも命を落とさなかったのは「おでんの血」かと言います。

でも、すぐに終わると言って、ライブフロアでモモの助の「公開処刑」が始まろうとしているというカン十郎。

自分は時間稼ぎをするだけでいいと言笑うカン十郎。

兜をかぶって鎧姿になった光月家の家臣である「残雪の菊之丞」は刀を構えると、カン十郎に黙るように言います。

自分が斬ったら命を落とした先でも消えないと、春に残った雪のようにカン十郎の魂に苦しみを与えると睨み付ける菊之丞。

迎え待つカン十郎に斬りかかった菊之丞
その攻撃を受け止めるカン十郎。

ネコマムシたちも敵兵に攻撃を仕掛けると、敵兵たちも戦い始めるのでした。

ヤマトの望み

場内ではカイドウの話が始まったと慌ただしくなります。

まだ、その頃、屋根裏にいたルフィとヤマト

自分は「光月おでん」だと言ってヤマトは、「エース」の弟であるルフィなら、自分のことを船にのせてくれるはずだと「情報」を追っていたと言います。

自分のことを「光月おでん」だと言ったヤマトに腹をたてたルフィは、「光月おでん」のことは皆が好きだなんだから、ヤマトが「光月おでん」になっていいわけがないと言います。

ルフィの指摘に腹をたてたヤマトは、「ルフィの方が」光月おでんだと言います。

そんなヤマトの言葉に腹をたてるルフィ。

「光月おでん」だと言うのに自分は両手首に「錠」がかけられているせいで「自由」ではないと、手首の錠持ち上げます。

ヤマトは「エースと一緒に」海に出たかったと、その思いを口にすると、「8歳」の時からずっと鬼ヶ島に閉じ込められていると言います。

それが「囚人」がつけられているものと同じだということに気がつくルフィ

鬼ヶ島から出たら「爆発」すると言うヤマト。

「実の親」が本当に子供を爆発させるか疑っているというヤマト。

それでも、「もしかしたら」と思うと怖くなってしまうと、あのカイドウが親だからだと。

すると、話を聞いていたルフィが、「それ」をとってやると言って、ヤマトに「本当」に自分たちのな仲間になるのかと確認するルフィ。

ルフィはヤマトが見ていてもカイドウをたおすと言い切ると、ヤマトはできるなら自分がそうしたいと。

子供の時からカイドウに殴られてきたと。
反撃しても勝てなかったと言うヤマト。

ヤマトの決意を聞いたルフィ錠をとると言います。
ヤマトが驚いていると、誰かの「声」マイクを通して聞こえてきます。

カイドウのスピーチ

「白ひげ」との頂上戦争から2年が過ぎたとスピーチが始まります。

ライブフロアには大きな画面に映し出されます。

ようやく「世界」が動き始めたと。
「七武海」をなくすのは「政府」がおかしくなったわけではないと。
「海軍本部」「新しい戦力」自分たちをおさえようとしているというカイドウ。

その様子を屋根の板を軽く広げて見ていたルフィとヤマト。

そんないい気になっている「政府」を見ながら、自分たちは「ビッグ・ママ海賊団」と同盟を結んで、一番に力を持っている「古代の兵器」を手中におさめると。

カイドウとビッグ・マム

その時、建物の入り口を吹き飛ばしながら、ビッグ・マム海賊団の船長である「花魁おりん」だと花魁姿のビッグ・マムが賑やかに登場します。

その姿に皆は恐怖します。

ロビンたちはビッグ・マムの足元ナミたちが押さえつけられていて驚きます。

そんなビッグ・マム「リンリン」と呼んで遅いというと、間に合ったからいいだろうと言い返すビッグ・マム。

「海賊稼業」に力を入れると言って、ひとつなぎの大秘宝である「ワンピース」を手に入れると声をあわせて宣言するカイドウビッグ・マム

「古代兵器」は世界中に「恐怖」と「戦争」を起こさせると言って、それこそが自分たちが望んでいる世界だというカイドウ。

兵たちも雄叫びをあげてもり上がります。

オロチの末路

カイドウオロチの部下たち「選択」するように言います。

「ワノ国」はいくら海軍世界政府でも簡単には手が出せないと。
滝に囲まれている「自然の要塞」だと。

武器を作る工場ももっと増やして、「花の都」の連中も「労働力」にしたら、すべての海賊たちにとって、「楽園」という「無法地帯」になるというカイドウ。

カイドウの言葉に驚いたオロチ「花の都」は自分が支配している場所だと反論しようとするオロチ。

すると、そんなオロチの首を切り落としたカイドウ

オロチの部下たちは、オロチの命を奪われて驚きます。

カイドウは、「黒炭家」も「光月家」も関係ないと言って、「5秒」で決断するように迫ります。

ヤマトの「役割」

そんな中、はりつけにされたモモの助に気がついたルフィは思わずその名前を呼んでしまいます。

驚くヤマトと一緒に屋根から落ちてしまったルフィとヤマト

カイドウにオロチの命を奪われて呆然とするオロチの部下たち自分と一緒に海賊になるか自分たちに戦いを挑んでその命を終える選択を迫るカイドウ。

これからおとずれる「世界の大戦」にそなえてワノ国を「海賊の国」にすると。

それで本業である遠征も増えていくと。

「鬼ヶ島」を「花の都」にうつして、ワノ国は終わると。

新しい国の名前「新鬼ヶ島」だと言うと、カイドウは「将軍」には自分の息子であるヤマトをさせると宣言するのでした。

その爆弾発表の中、兵たちに見つかりながら、「将軍」にはならない父親に文句を言いながら逃げるヤマト
一緒に逃げていたルフィは、早くモモの助を助けたいから命を奪われる前に案内するように言うのでした。


ここまでは前回のネタバレを振り返りましたが、ここからは次回【第986話】のネタバレ考察を行っていきたいと思います。

※あくまで考察です、お付き合い下さい。

菊之丞vsカン十郎

裏口で部下を引き連れて待ち構えていたカン十郎。
その挨拶してからも強い因縁があることがわかります。
モモの助の状況も聞かされ、菊之丞は涙ぐみました。
明らかにカン十郎の挑発でした。
そして、菊之丞とカン十郎の一騎討ちが始まり、ネコマムシたちも敵兵と戦い始めました。

 

モモの助の状態

モモの助を解放するように言われたカン十郎は、侍たちを挑発するように自分がモモの助にしたことを話し始めます。

モモの助はモモの助なりに、小さな体で侍たちの足でまといにならないように自分に抵抗してきたと。

モモの助を連れて行く途中、いつの間にか拾っていた短刀を使って縄を切って、カン十郎のもとから逃げ出そうとしたと。

でも、自分からは逃げられないとカン十郎は、捕まえたモモの助から手のひらをほんの少しだけ、絆創膏で隠れるくらいの小さな傷をつけられて、腹を立てたカン十郎は地面にたおれたモモの助をとことん殴り付けました。

でも、カン十郎はモモの助が意識を失わない「程度」だと、一応手加減をしたと言いましたが、あのあとカイドウたちの前に連れていかれたモモの助の状態からも、手加減したと言ってもほんの少しだけしか手加減していないようにも見えました。

モモの助を本当に心配している菊之丞たちの「涙」や「怒り」からも見えました。

そして、さらにモモの助の「公開処刑」のことを口にして、あと少しで「光月」の歴史が終わると、
侍たちの動揺や怒りを引き出させようとしました。

でも、菊之丞は兜をかぶって、「残雪の菊之丞」として刀を構えた菊之丞。
こうして、菊之丞を始め、ネコマムシたちは自分達の大切なもののために戦い始めます。
この戦いの結果がどこへいくのか、今後の侍たちの運命にも影響しそうです。

ローたちはどこへ?

菊之丞たちと行動していたローたち。

鬼ヶ島の裏口に到着して、ネコマムシたちと合流してイゾウと再会して、選んだ階段を上った先にある鳥居。

ここまでは一緒に今したが、前回、階段を登ったとき、すぐにカン十郎と菊之丞や侍たちとの因縁が始まったので、ローたちは前面にいませんでした。

絵の中を見ても、確認できませんでした。

もっと後ろにいたのか、もしかしたら、いっていたこととは逆にはじめから別の入口の方の方に進んだのか。

カン十郎の姿を確認してから、すぐにこれからどういう風になるのか予測して、カン十郎たちが菊之丞たちに気をとられている隙に建物のいる口に向かったのか。

可能性は薄いですが、後方で菊之丞たちの戦いを見守っているのか。

やはり、一番可能性としては別行動をとったことでしょう。
次回、すぐにわかるのか、しばらくしてから描かれるのかもしれません。

 

ヤマトのこれまでの生活

ヤマトが実は女だったという一番の驚きがありましたが、それでもまだまだ謎があるヤマト。

その憧れや目標から、すっかりと「光月おでん」なヤマト。
ルフィの突っ込みもわかります。

手首にかせられた「錠」のせいで、「自由」を奪われてしまったヤマト。

もし、それがなかったら、とっくにエースたちと海に出ていてエースたちと一緒でなかったとしても海賊として活躍していたのかもしれません。

でも、現実はカイドウに錠をかせられて、「8歳」と時から、この鬼ヶ島に閉じ込められていたヤマト。

錠をしたまま、鬼ヶ島から出ると「爆発」するという仕掛けらしいですが、ヤマト自身も「実の親」なら命まで奪ったりしないと、信じてみたいという気持ちもあるようです。

その反面、あのカイドウならやりかねないという思いもありました。
この会話からも、ヤマトにはカイドウにたいして、少し迷いがあるように見えます。
それがどんな思いなのかは、現段階では明かされていません。

すると、意図も簡単にできるような口調でルフィが錠をとると言いました。

ルフィはその「鍵」を持っているのか、それとも別の方法があるのか、そこにルフィさが出ています。

今回のお話では変化はありませんが、いずれすぐにでもその答えが出るはずです。

 

カイドウの発表したもの

ライブフロアの大きなモニターに自身の姿を映し出してスピーチを始めたカイドウ。
前から決まっていたことを話し始めます。
ビッグ・マム海賊団と同盟を結んで、「ワンピース」を手に入れると、海賊の誰もが目指している道を宣言しました。
そして、将軍にヤマトをつけると発表しました。

 

カイドウとビッグ・マムの目標

海賊同盟宣言でビッグ・マム海賊団と手を組んだことを発表したカイドウ。

最初に今の世界のことから話し始めました。

世界政府によって認められていた7人の海賊たち、「王下七武海」。
それが撤廃されたのは政府がおかしくなったのではなくて、「海軍本部」の新しい戦力で自分たちをおさえ込む自信があるとカイドウは言いました。

カイドウがこう話したということは、おそらく想像だけということはないでしょう。
この発表をするために、色々と準備をしていたようですから。
そうして、世界政府を気にしながらも、カイドウは「ビッグ・マム海賊団」と手を組んだことを話して、この世で一番強い力の「古代兵器」を手にいれると言った瞬間、まるで図っていたかのようなタイミングで、軽い爆発が起きて、その場にいたものたちを吹き飛ばしつつ、現れたのは、
ビッグ・マム海賊団の船長でもある花魁おリン。
43億8800ベリーの懸賞金がかけられるほどのビッグ・マム。

花魁の衣装を身にまとって、日本の妖怪たちの姿をしたホーミーズを従えて、堂々と登場しました。

その力に兵たちは恐れおののいてしまっていました。

でも、カイドウがビッグ・マムに「遅い」と言って、ビッグ・マムは「間に合った」の返したところから、
予定より早く始めたカイドウのスピーチですが、二人のやり取りからして、そこまでの予定時間にズレはなさそうです。

おそらく、最初の予定としては一緒にならんで発表するつもりだったのでしょうが、ビッグ・マムはカイドウのスピーチを止めることもなく、その場からカイドウのスピーチに付け加えるようにもめていては無理だけど手を組んだら、すぐだと。
そういって「海賊」としての仕事に力をいれると言って、今度はカイドウとビッグ・マムは、声を会わせて同時に、
ひとつなぎの大秘宝である「ワンピース」を力をあわせてとりにいくと宣言しました。

カイドウとビッグ・マムの宣言に手下たちももりあがります。

海賊なら、誰しもが目指す道なので、もりあがるのは当然です。

 

捕らえられたナミたち

983話で、遊郭の壊れた入口が描かれ、ビッグ・マムに知らせる太陽の声。
この先はライブフロアだから逃げる場所はないと余裕で追いかけてきていたビッグ・マム。

今はナミのものだったゼウスはビッグ・マムを怖がっていました。

派手な廊下を通って逃げていたナミたちでしたが、追いかけるビッグ・マムの背を最後に場面が変わってしまいました。

そして、985話でカイドウのスピーチにあわせてホーミーズを従えて花魁おリンとして現れたビッグ・マム。

その右手には顔が黒っぽく塗りつぶされて目が×になっていたゼウスが捕まり、その足元には痛めつけられたナミたちの姿もありました。

おそらく、逃げていたナミたちは、すぐになのか、しばらくしてからなのかにビッグ・マムに捕まってしまい、痛め付けられ、ゼウスも奪い返されたのでしょう。

まだ、生きていることからも簡単にはその命を奪ったりしないのか、ルフィたちへの人質として捕まえたのか、
それともゼウスを奪った罰からなのか、とにかくまだ生かされているナミたち。

この後、どういう扱いになるかでロビンや侍たち、そして、勿論ルフィたちのこれからの行動の理由になるはずです。

オロチの運命

カイドウと手を組んだビッグ・マム海賊団。
カイドウは今後の方針を発表中、オロチの部下たちに「選択」を迫ります。
でも、肝心のオロチは、反対の声をあげました。
カイドウが自分のおひざ元である「花の都」を利用しようと知って。
しかし、その反論の途中にオロチはカイドウの手によって、その場で首を落とされてしまいました。
そして、オロチの部下たちにさらに選択を迫りました。
下っ端はともかく、上の方の人間がどう行動するかで、このあとのオロチの部下たちの運命に影響が出るはずです。

 

オロチの部下たちの選択

カイドウとビッグ・マムで「ワンピース」を取りに行くと、堂々と宣言しました。

その中でオロチの部下たちに「選択」するように言って、カイドウは「ワノ国」が滝に囲まれた「天然の要塞」だと言って、「花の都」の住人たちも武器を作る工場の労働力にしようとします。

普通の人にとっては「無法地帯」で、海賊たちにとっては「楽園」になると。

そうして、カイドウは何も聞いていなかったオロチが抗議するのも聞かずに、キングに預けていた剣でオロチの首を落として命を奪ったのでした。

そして、怒り、驚き、焦り、恐怖、と複雑な思いにとらわれているオロチたちの部下たちに、重要な選択をたった「5秒」で決めるように迫ったカイドウ。

容赦がないです。

それでも、中にはオロチに忠実な部下もいたはずです。
その部下たちが素直に従うかで、物語にも影響が出るかもしれません。

 

ルフィの道、ヤマトの道

屋根裏で二人きりになったルフィとヤマト。
そこでヤマトは光月おでんへの熱い思いを語り、仮面をとってその正体を明かしました。
話し合いを続けてるとき、カイドウがスピーチを始めました。
発表するときに必要なヤマトがそばにいないままに。
ヤマトも驚いていて、ヤマトの意思は関係ないと言っているのも同然なカイドウの対応です。

カイドウがヤマトを必要としたわけ

カイドウは海賊同盟発表後の重大発表の時にヤマトが必要だからと飛び六砲に探させました。

でも、誰も見つけることが出来ずにいて、ルフィがうるティとページワンと遭遇して戦ったときに、うるティとページワンに攻撃してルフィをつれて逃げ出しました。

屋根裏で二人きりで話すことになってヤマトは光月おでんへの思いを語りました。

その時におそらく予定より早くに始まったカイドウのスピーチ。
そして、カイドウはヤマトを「将軍」にすると発表しました。

ルフィと一緒に屋根裏から落ちて逃げ出していたヤマトは、カイドウを「クソオヤジ」と怒鳴って、将軍になんか絶対にならないと逃げながらの発言だったので、ほとんどルフィにしかその思いは伝わっていなかったと思います。

ヤマトの表情からも、本当に聞いていなくて、ヤマトの口からでたカイドウとの関係からもわかるように、おそらく、まったくカイドウから「相談」も「こうするからな」という命令や指示もなかったのでしょう。

ヤマトが手首を拘束されていることからしても、ヤマトの意思は関係ないと、自分がこう決めたから、こうすると言うようなかんじで、従わせようとしているように見えます。

ワンピース最新話【第986話】のネタバレ予想!

ここからは、ここまでの流れや考察から次回の展開を予想してみたいと思います。

まず、最初に描かれたのは、カン十郎の行動でした。
カン十郎と部下との戦いを持ってきたことで、本当にローたちが来たばかりなのがわかります。
ここでは相手がカン十郎なので、菊之丞たちカン十郎との因縁が前に出ました。
このまま決着がつくまで、数話に分けて描かれるのか、ある程度のダメージをカン十郎に与えてから裏口から中へ突入するのか。
戦いは菊之丞たちに任せて、ローたちは裏口から中に入るのか、どのパターンかになるかで話の流れも変わりそうです。

おそらく予定よりは早くになったであろうカイドウの重大発表。
ビッグ・マムとのことや、強引に将軍にされたヤマトがどう行動するかで、戦いの展開も変わるでしょう。
オロチもその命を奪われて、物語も一気に少し動きそうなカイドウの行動でした。
この先の展開がかなり動きが早そうで、それぞれの行動の仕方で変化の速度も変わりそうです。

カイドウの発表によって

カイドウが予定していた発表を始めました。

おそらく下調べにも時間をかけていたはずでしょう。
世界のことから話し始めて、いかに自分がやろうとしていることが素晴らしいことなんだと言うように自信満々に話し始めました。

それに同盟を組んだビッグ・マムも花魁おリンの姿でホーミーズを従えて登場して、遅刻を謝りながら、カイドウのスピーチにビッグ・マム側から付け足していき、二人で「ワンピース」をとりに行くことを宣言しました。

たしかにこの二人が手を組んだのなら、かなりのことが出来そうです。
組織としてもどちらもかなり大きいですから、その二つの組織が合わさることでどでかい海賊団となりました。

実際に動くとき、作戦を実行するにあたり、どちらを上にするかでもめたり、たとえ立場を同等としたとしても、どこかで些細なことでもめたりしそうですが、それまではその力を持って、敵と戦ったり、敵からの攻撃を防いだりして行動するでしょうね。
なにより、ルフィたちや錦えもんたち侍たちとの戦いにもかなり影響が出るはずです。

それでもやれるような気にさせるところが、ルフィの魅力でしょう。

それにキッドたちやローたち、侍たちもいるので、それぞれの戦いはかなりもりあがるものになるはずです。

 

それぞれの選択で・・・

・菊之丞とカン十郎では。
戦いを始めた菊之丞とカン十郎。
この戦いを本人たちの選択で最後まで決着がつくまで戦うのか、大切なモモの助を助けるためにある程度戦ってから、隙をついて建物の中に攻め込むのか。

菊之丞たちが戦っているときに誰かの横やりが入って中断されるのか。

おそらくここではちゃんとした決着はつかずに、次の展開に動く可能性の方が強いかもしれません。

・カイドウとビッグ・マムたち。
カイドウが始めたスピーチにビッグ・マムが加わり、その目的を明かしました。

自分たちの道を示すことにより、その道には邪魔な「黒墨家」や「光月家」。
カイドウにとってはどうでもいいから、目的が違うオロチの命を奪いました。

オロチの部下たちには選択をさせたのは、部下はオロチを慕って従っているのもいるからでしょう。
だから、弱肉強食からも自分達と同じ海賊への道か、オロチと同じ道を選択させました。

余程の忠臣で、オロチの仇をとろうとカイドウに挑まない限り、生きたいことから、海賊への道を選ぶのかもしれません。

・味方になりかけのルフィとヤマト。
ルフィの仲間になるべく、自分の熱い思いを語っていたヤマト。
しかし、はっきりと告げる前にカイドウのスピーチが始まってしまいます。

ルフィもはりつけにされたモモの助に気がつき、助けようと頭が一杯になってしまいました。

ヤマトはヤマトで、父親のカイドウに勝手に「将軍」にされてしまいました。

ルフィはモモの助を助ける暇もなく、ヤマトは将軍にならないと言えないまま、逃げ出すしかなかった二人。

すぐに方向展開してモモの助を助けに行くのか、それとも一端逃げるのか。
一番近くに潜んでいた、ロビンとジンベエ。そして、侍たち。
捕まっているナミたちは無理として、その誰かと合流するのか。

侍たちとしては、この騒ぎを利用してモモの助を助けに行くのか。

追ってくる敵のせいで、ルフィもヤマトも逃げるしかなく、敵をまいてからどうするべきか考えるのか。

カイドウたちがルフィとヤマトに気付いて、さらに部下に追わせるのか。

このことで、また、物語が動いて行くことでしょう。
それでも、まだ大きな展開はないのかもしれませんね。

漫画ワンピースの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。
漫画ワンピースの最新話ネタバレ記事一覧!毎週どこよりも早く更新

 

まとめ

以上、ワンピース【第986話】最新話ネタバレの前に考察と予想からネタバレ本編を紹介しました。

ワンピースの漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。
無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

あわせて読みたい
【2020年最新】電子書籍ストアおすすめ17社を徹底比較!あなたにピッタリなサイトはここ!2020年に入ってからも電子書籍業界の売り上げは右肩上がりで、電子書籍で漫画や書籍を読むことが当たり前のようになってきました。 今...

漫画村の代わりに好きな漫画を無料で読む方法

漫画アプリもいいけど、マイナーな作品だけが無料だったり待たなければ読めなかったりして不便に思うことはありませんか?

待つことなく、無料で人気の漫画や最新漫画を無料で読むことができるサイトをご紹介しています。

漫画村の代わりに無料で読めるサイト一覧

まんが王国

まんが王国は、電子書籍サイトで業界最大級を誇ります。

その理由としては、無料漫画数が3000作品以上あるので気軽に読みたい漫画が見つかるところです。

そして会員登録は無料で、月額コースと従量課金コースが選べるので会員登録しといてデメリットはありません。

無料登録で漫画が無料で読めるので、初めて電子書籍サイトを利用する方にもおすすめです。

おすすめ度
月額 月額制or従量課金制
無料期間 会員登録自体無料なのでなし
その他特典 登録時に半額クーポン,無料漫画が豊富

▼登録自体無料!無料で漫画を読む!▼
まんが王国公式サイト

U-NEXT

U-NEXTは、電子書籍サービス+動画配信サービスのハイブリットサイトになります。

月額1980円のコースになりますが、1200Ptが付与され、アニメなど3000件近く見放題なのでお得なサービスです。

さらに、漫画全巻40%Ptバックされるので漫画を沢山読みたい方にはおすすめです。

無料期間中に解約してもお金はかからないので初めやすいですね。

おすすめ度
月額 月額1980円
無料期間/無料ポイント 31日間/1200Pt
その他特典 全巻40%ptバック/無料漫画あり/アニメなど動画見放題
▼31日間無料で今すぐ利用してみる▼
U-NEXT公式サイト
Book Live

電子書籍数業界がebookjapanを超えるBookLive。

30万冊以上多いので全ジャンル問わず取り揃えています。先行配信もあり、初回登録で50%オフクーポンがもらえます。

無料漫画も毎日15,000冊以上読めるので読みたい漫画がきっと見つかるはず。

会員登録が無料で、購入した分だけの支払いになるので無料漫画を読むだけなら料金がかからないのが強みです。

おすすめ度
月額 従量課金制
無料期間 従量課金制なのでなし
その他特典 半額クーポン付与/無料漫画15,000冊以上/書籍数900,000冊以上

▼Book Liveで漫画を無料で読む▼BooK Live公式ページ

7月度マンガ売れ筋ランキング!

ランキング1位「鬼滅の刃」

2019年4月から2クールでアニメ化され、爆発的な人気を誇るマンガ「鬼滅の刃」

どのくらい爆発的に人気が出たかというと、アニメが放送されるまでにあった本屋の在庫が一瞬でなくなるほど。

世界観やストーリーの完成度からキャラクターの熱さ。そしてアニメの出来までも凄い良い作品です。

2020年秋には映画も公開予定なのでチェック!


\「鬼滅の刃」を無料で読みたい方はこちら/
鬼滅の刃を無料で読む方法

ランキング2位「カラミざかり」

カラミざかりは桂あいり作の急激に人気が出た作品です。広告で話題になったNTR漫画です。

背景は、高校生の男女4人が思春期に入り性に目覚めて一線を超えるとこから始まります。

好きな男の子の前でその友達と目の前で使用女の子。好きな女の子が友達としてる様を見て複雑だが、違う女の子としちゃう男の子。結構ストーリーもしっかりしていて続きがきになる大人向け漫画です。

\「カラミざかり」を無料で読みたい方はこちら/
カラミざかりを無料で読む方法

ランキング3位「社内探偵」

まんが王国で先行配信中の話題作品「社内探偵」ストーリーは、会社内で耳にする問題を「なんでも相談係の久我さん」が痛快に解決してきます!

よく休むあの子がなんで給料が高いの?
なんであいつのシワ寄せが俺に…
俺ってこんなとこでくすぶる人間じゃないのに…

会社で働いててよくぶつかる悩みや疑問がありふれた漫画になっており、共感できること間違いなしのおすすめ漫画です!

\「社内探偵」を無料で読みたい方はこちら/
社内探偵を無料で読む方法

漫画読み放題&電子書籍サイト一覧

※クーポン多数配布

※国内最大級サービス

※読み放題プランあり

※電子書籍数TOPクラス

※KADOKAWA作品配信

※独占先行配信あり

お得過ぎる電子書籍サイト情報と比較まとめ